RSS
 


空気清浄機の選び方

空気清浄機は、
「1家に1台」から
「1部屋に1台」の時代へ


家電量販店に行くと、空気清浄機はたくさんあって選ぶのに迷ってしまいませんか?インターネットで調べても、それぞれ一体何が違うのか・・・?。
でも、実は空気清浄機の『清浄方式』は、大きく分けると『3つ』しかありません。ここでは、それぞれの清浄方式の特徴を、空気清浄機の専門メーカーの視点で簡単にご説明させて頂きます。みなさまの『後悔のない空気清浄機選び』、そして購入後の快適生活のお役に立てれば幸いです。
パワフルな大型・多機能機が多い『ファン方式』

パワフルな大型・多機能機が多い『ファン方式』

ファン方式は、フィルターとファンを組み合わせた最もポピュラーな清浄方式です。20畳以上のハイパワーな大型モデルが中心で、加湿機能なども備えた多機能タイプが多いのが特徴です。
『空気清浄機が欲しいんだけど、加湿も同時にできたらいいな・・・。』と思っているなら、このような多機能タイプが良いですね。リビング・ダイニングなどの広いスペースで利用をお考えであれば、最初の1台目として大活躍する万能タイプと言えます。
小型でほとんど音がしない『イオン方式』

小型でほとんど音がしない『イオン方式』

イオン方式は電気の力でゆっくりと清浄していく清浄方式です。弊社が過去に販売していた『クリアベール』もこの方式になります(現在は生産を終了しております)。
小型で運転音が殆どありませんので、静かな空間を大切にしたい寝室や書斎などにぴったりです。電気代が年間1000円程度なのも、この『イオン方式』の魅力です。
世界初の『タービュランス方式』

世界初の『タービュランス方式』

世界初の空高速回転フィルター『ハイブリッドロータリーフィルター』をエンジンとして搭載した、次世代の清浄方式です。フィルターの回転力と超高圧放電を駆使し、更にムダを省くことで清浄性能を極限まで高めた『特化型』の構造が特徴です。
本体内部の汚れを簡単に清掃できる『インスタントクリーニング機構』や、フィルターを定期的に交換するだけで清浄性能が進化する『バージョンアップシステム』など、空気清浄機初の機構を搭載したオンリーワン方式です。高性能・ハイパワーでありながら、イオン方式並みの電気代と運転音(最小運転時)も実現しています。

ページトップへ